knc Leather Factory

秋田の手作り革製品 ハンドメイドレザーアイテム knc Leather Factory

PROFILE

PROFILE

木内 正信 (Kinouchi Masanobu) 1985.3.20

画像の説明

秋田県仁賀保町(現にかほ市)で誕生。  




幼少の頃より、工作や絵画、手を使う作業が大好きだった。




高校3年の時に、ハンドメイド作家(hemp,レザー等)の先輩との出会い。


この時hempアクセサリーに興味を持ち本格的なハンドメイド人生の第一歩を踏み出す。


しかし、この時はまだレザーに関心は無かった。


高校を卒業後、関西に生活の拠点を移す。


2006年、自分の携帯電話を機種変更した際に、既存の携帯ケースでは満足できず、それなら自分で作ってしまおうと考え、独学でレザークラフトを始める。


何故レザーで作ろうと思ったのか、、、、


理由が分からないが、今思うと革との必然的な出逢いだったと考えられる。


2007年頃には、書籍、WEB上の情報を収集し試行錯誤を繰り返し、日々レザークラフトに明け暮れていた。


この頃から自分の作った物への自覚と責任をとの思いから満を持して『knc Leather Factory』を立ち上げる。


2008年6月、奈良県天理市にある『古着屋TAD』にて委託販売開始。

このTAD店長には様々な事を学ばせて頂き、この出逢いは正に人生のターニングポイントだったと思う。


同年9月、奈良県奈良市奈良店、天理市天理店『Brown Suger』にて委託販売開始。 


自分の中で店舗として!等という考えは全くなかったが、TAD店長の力添えを受け、2009年2月26日『革工房 knc Leather Factory』をOPENさせる。  


革とは切っても切れないシルバーや真鍮の魅力に次第に惹かれ、2010年4月頃からは、独学で彫金を始める。


店舗経営、製品製作など日々時間に追われながら温かい御客様や友人に支えられ2012年2月にOPEN3周年をむかえられました。
まだまだ未熟ではありますが、これからもknc Leather Factoryをよろしく御願い致します。





時は経ち2016年8月14日を持って天理での営業を終える。じつに7年半の期間の営業でした。

そして地元秋田県にかほ市に生活の拠点を移し、2016年9月より新店舗の改装を自らの手で行う。


様々な方々の協力を得て無事に2016年11月26日に新生kncLeather FactoryをOPENさせる。



knc第三章のスタートです。皆々様宜しくお願い致します!!



2016.12.1 木内正信

              BACK     

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

革製品 財布 鞄 秋田 にかほ knc